札幌の助産師・マタニティハウス

家庭分娩・出産・育児支援・助産所|ありじゅ

マタニティハウスありじゅロゴ

家庭分娩・育児に関するお問合せ

家庭分娩・育児に関するご相談はいつでもご連絡下さい。

お産・家庭分娩

お産はママ一人で行う辛いものではありません。
この世に生を受ける新しい命を住み慣れた家で、家族みんなで迎えることができる
それが家庭分娩の一番のメリットだと考えています。
ありじゅで楽しいマタニティライフを一緒に過ごしましょう

助産所を受診される方
●完全予約制になっております。
●お電話またはメールでお問い合わせください。

家庭分娩で「ありじゅ」ができる事

「ありじゅ」では妊娠中からコミュニケーションをじっくり取っていきますので、
それぞれのママたちにあったアドバイスができます。また。出産後も育児相談などで継続的にサポートしていきます。

妊娠中は…
妊産婦特有の体調の変化のチェックをします。
おなかのハリ、胸のハリ、つわり、頭痛、めまい、高血圧、マタニティーブルーなどじっくりと話を聞き、対処法を助言・アドバイスします。

分娩の時は…
24時間いつでも駆けつけ、分娩終了まで付き添います。
陣痛やおしるしなど出産の始まりから、分娩するまでの間、妊産婦と一緒にいきみ方のタイミングを計ったり、声掛けをしたり、背中をさすったりと、赤ちゃんのお出迎え迄リラックスできるようサポートしていきます。
※医療行為はできませんので、不測の事態の場合には病院への手配を致します。

産後は…
ママの体力の回復のためのアドバイスから育児のことまで
産褥期の過ごしかたやアドバイスをしたり、乳児期の育児に関するお悩み相談をしています。

保健指導について
定期健診について、母子手帳について、授乳指導、母乳マッサージ、沐浴の指導、・産褥期の過ごし方のアドバイスなど妊娠期間中の各ステージで必要最低限の知識の説明や、身体の異常徴候の早期発見とその対処方法等を指導していきます。

家庭分娩ができる条件

家庭分娩は希望する誰もができるものではありません。以下の内容に一つでも該当する方は、医療機関で の分娩をお願いしています。

  • 出産に影響のある持病がない。
  • 娠中の経過に大きな異常がない。(感染症や婦人科疾患、逆子など)
  • 過去に帝王切開での出産をしていない。
  • 正期産(妊娠37週0日~41週6日)である。
  • 喘息・甲状腺異常などの合併症がない。
  • B型肝炎、C型肝炎、HIVなどの感染症がない。
  • 胎盤の位置に問題がない。(前置胎盤など)
  • 血液型がRH(−)ではない。
  • 胎児に異常がない。(胎児発育遅延、奇形など)
  • 羊水に異常がない。(羊水が多い・少ないなど)
  • 妊娠経過に異常がない(高血圧、高血糖など)

助産所で受診を希望される場合

出産の介助は、自宅もしくは助産所となります。面談にて方向性のご確認をいたしますので、助産所への見学またはご自宅へお伺いいたします。
年齢に応じた様々な相談や悩みなど、小さなことでも何でもご相談ください。
妊娠期間中や出産中に予想外の事態が起こった場合、助産師の判断で病院での出産となる場合がございます。
妊娠周期に応じた妊婦検診
妊娠中は4回以上、嘱託医あるいは嘱託医療機関の検診を受けていただきます。
入院時の持ち物
・健康保険証
・あなたが癒される必要品
※パジャマ、洗面用具、赤ちゃん用品などの準備はございますので、必要ございません。
食事
・オーガニックで、心とからだに優しいものをご用意しております。
各種教室
・離乳食をはじめ、お父さんもお子様も喜ぶ料理教室
・昼食付きヨガ教室
・茶話会、相談会、その他随時ご案内いたします。

※当助産所でも、出産育児一時金を受け取ることが可能ですのでご安心ください。
詳しくは、こちらからQ&Aページを確認ください

産科医療補償制度加入医療機関
札幌市産後ケア事業委託助産所

・嘱託医 清田ウイメンズクリニック 萬 豊医師
札幌市清田区清田1条4丁目5-30
 http://www.womens.or.jp/

・嘱託医療機関 JCHO札幌北辰病院

予約・お問い合わせはこちら

Copyright (C) Maternity House ARIJU All Rights Reserved.