札幌の助産師・マタニティハウス

家庭分娩・出産・育児支援・助産所|ありじゅ

マタニティハウスありじゅロゴ

家庭分娩・育児に関するお問合せ

家庭分娩・育児に関するご相談はいつでもご連絡下さい。

出産・育児Q&A

皆様から寄せられる質問を集めてみました。ご出産や、育児の参考にしてください。
また、「ありじゅ」では出産・育児に関する相談を受け付けています。
詳細はこちらをご覧ください。

妊娠中のお悩み

つわりがひどくて、食べると吐いてしまいます。無理にでも食べないとダメですか?
あまりにもひどい場合は、無理に食べず、食べられるものを食べましょう。 水分補給も忘れずに。

 

いい母親になれるか自信がありません。マタニティーブルー?
ホルモンバランスの変化の影響や育児の不安から、誰でも不安になることはありますよね。今は、赤ちゃんを産むことが目標なので、無理のない軽い運動をしたり、好きなことをして気分をリフレッシュしながら出産に備えてください。

 

出産後のお悩み

母乳で育てたいのですが、何か気を付けることはありますか?
ありじゅでは、妊娠中より状態を見ながら「おっぱいマッサージ」や乳首のお手入れ方法をアドバイスします。

 

産後の疲労感がぬけません。どうしたらいいでしょう?
育児や、家事などは一人ですべてやろうとせず、周りの人に協力してもらいながら体を休めましょう。体力が回復してきたら、徐々に軽い運動をすることもお勧めですよ。

 

出産後、帰宅しても手伝ってくれる人がいない。赤ちゃんのお世話の仕方や生活リズムがわからなくて不安です。何か良い方法はありますか?
出産後、育児の支援が必要な方を対象に産後の入院(日帰り、宿泊)も受け付けております。
※詳しくは、札幌市の産後ケア事業をご確認ください。

 

費用について

家庭分娩でも出産一時金を受け取ることはできますか?
以下の2つの条件をクリアできれば、誰でも出産育児一時金を受け取ることができます。
・国民健康保険、健康保険に加入していること
・妊娠85日以上(妊娠4か月以上)で出産していること

 

家庭分娩や、助産所での出産時の費用は?
ありじゅマタニティハウスをご利用の方の家庭分娩、助産所での出産費用は「日本助産師会」の基準に準じております。

 

予約・お問い合わせはこちら

Copyright (C) Maternity House ARIJU All Rights Reserved.